Farm(耕す) + Well(よく) = FarmWell(ファームウェル)

ファームウェル(FarmWell)とは、FarmとWellを組み合わせた造語です。

田畑は放っておくと草や木が生え、やがては放棄地となってしまい元に戻すのが非常に難しくなります。

つまり、よく耕しておく事が重要であり農業の基本となります。

ファームウェルはこれを踏まえ、「初心を忘れずに」という想いから名付けられました。

また、Wellは「植える」という言葉に掛かっており、とにかく何かを始めよう(植えよう)!という意味も込められています。

代表者のご紹介

中尾 昌弘(埼玉県認定農業士 - 神奈川県横浜市出身)

佐賀県生まれ。物心をつく前に両親の都合で神奈川県に移り住む。

小学生の頃よりソフトウェア開発に携わり、多数の書籍・雑誌等に掲載される。

ベンチャー企業からのスカウトを受けエンジニアとなり、数年の勤務を経て22歳の頃に独立。

農業向けセンサーシステムを開発した事がきっかけとなり農業に興味を持ち始め、かつて祖父が農業に携わっていた事も相まって自分のルーツを考え始める様になり、斜陽化しつつある農業に本気で携わる事を決意する。

商号

株式会社ラソール

ファームウェル事業部(英文表記:FarmWell)

代表者 中尾 昌弘
活動内容

農産物の生産・販売

農業関連コンテンツの制作

農業向けITシステムの企画